24.0.19大江町内宮付近の地形(京都府舞鶴市)

第4巻p1293。第24章図24.0.19 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 京都府北部。鉄道は,京都丹後鉄道宮福線。 問99:図の皇大神社は元伊勢とよばれるが,その本殿敷地の地形種を特定せよ。 問100:図24.0.17の出雲大社本殿の参道の方位はN8°W,左図の皇大神社の参道の方位はN6°W,図24.0.18の皇大神宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.18内宮付近の地形地質(三重県伊勢市)

第4巻p1293.第24章図24.0.18 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 三重県東部。伊勢市の南郊外の内宮付近。なお外宮は内宮の北北西約4km。伊勢市街地に隣接してある。 【設問18】問97:山地の地質構造の大局的な走向を4方位区分で示せ。 問98:内宮の境内において,地震災害以外で最も起こりうる自然災害の種類を推論せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.17海岸平野の各種地盤(島根県出雲市)

第4巻p1292。第24章図24.0.17 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 島根県北部,島根半島の西端。5mメッシュ標高データ使用。立体図では平野の微地形が判読しづらいので,後に高度段彩図を掲げる。 【設問17】問91:図南部の浜下~浜山,四軒屋の注記付近の約10m以高の地区の地盤構成を述べよ。 問92:修理免から鑓ヶ崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.16離島の水源と飛行場(鹿児島県十島村)

第4巻p1291。第24章図24.0.16 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 屋久島の南西約60km。吐か喇列島の最北部にあたる口之島の中央部。 【設問16】問87:北部の東西両海岸の岩礁の成因 問88:山名のある山のうち最新の山の構造 問89:水道水源池の建設地としてA~Cそれぞれの長短 問90:滑走路長750~10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.15岨谷峡へのダム建設(秋田県秋田市,大仙市)

第4巻p1290。第24章図24.0.15 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 秋田県中部。出羽山地のただ中。 【設問15】問82:図東部の標高点355付近から禅京森付近の丘陵の地質および地質構造 問83:図中Aの円形の独立丘の成因 問84:Aの東方から北方を経て岨谷峡に向かって低下する小突起の多い緩傾斜な山腹斜面の成因 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.14断層谷に並行する道路の計画(岐阜県飛騨市)

第4巻p1289。第24章図24.0.14 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 岐阜県北部。図の東端宮川は神通川の上流部。 【設問14】問76:A~Jを通る高速道路を建設する場合に,区間C~Dで最も留意すべき地形・地質条件は? 問77:同じく区間D~Eで最も留意すべき地形・地質条件は? 問78:K地点の河川トンネルの理由 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.13白鷹山北面の道路計画(補)

第4巻p1288。第24章図24.0.13広域 図クリックで別ページ。赤青めがね使用 先の図は地名やら地図記号やらでごちゃごちゃしていて見づらい。等高線のみの3D図を左に掲げる。設問に対する解答例として,問71には「白鷹山は古い成層火山であり,火山砕屑岩と溶岩の互層」,問72に対しては「西黒森山から白鷹山をへて高森山に至る半円形の急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.13白鷹山北面の道路計画(山形県山形市上山市,南陽市,山辺町,白鷹町)

第4巻p1288。第24章図24.0.13(5万図「荒砥」昭和1修正) 図クリックで別ページ(拡大)。赤青めがね使用 山形県中部。 【設問13】PとQを結ぶ自動車道路(片側2車線)建設計画A,B,Cルート案がある。 問71:白鷹山の地質を推論する。 問72:図の中央部に広く分布する大小多数の独立丘,小突起,凹地,池沼の成因。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.12出羽丘陵を横断する最上川(山形県戸沢村)

第4巻p1287。第24章図24.0.12 図クリックで別ページ(拡大)。赤青めがね使用。 山形県北部。左図は本文掲載図に10mメッシュ標高データを重ね立体視化したもの。 【設問12】国道のバイパスを最上川の両岸のいずれかに建設する計画があるとして問に答える。 問64:図の2辺を切る大規模な背斜構造の軸の位置と走向を推定する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.11大井川の穿入蛇行(静岡県川根本町)

第4巻p1286。第24章図24.0.11 図クリックで別ページ(拡大)。赤青めがね使用。 静岡県中部。すさまじいまでの穿入蛇行である。 【設問】問55:大井川と寸又峡の河谷の地形種名→穿入蛇行谷(厳密には生育蛇行谷) 問56:A地点の30m以浅の地盤 問57:B地点の3m以浅の地盤 問58:C地点の5m以浅の地盤 問59…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.10木曽川と段丘,丘陵(岐阜県可児市,御嵩町,八百津町)

第4巻p1285。第24章図24.0.10 図クリックで別ページ(拡大) 岐阜県南部。北東から南西へ流れる大河川は木曽川。 【設問】問52:西部にある白山から標高点259に続く尾根を構成する岩石は?(第三系礫岩層,先第三系砂岩層,チャート,石灰岩,蛇紋岩,安山岩岩脈,ホルンフェルスから選ぶ) 問53:木曽川の河谷(多くはダム湖の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.9利根川沿いの低地(千葉県野田市)

第4巻p1284。第24章図24.0.9 図クリックで別ページ(拡大) 千葉県北西部。大河川は利根川,その右岸部。本文掲載図は等高線がほとんど入っておらす,土地の高低がたいへん読み取りにくい。平成12修測と大正5年改測の図が示されており,土地利用状況などから土地条件を判別せよという設問になっているようだ。左図は5mメッシュ標高データ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.8鳥海山北西山麓低地(秋田県にかほ市)

第4巻p1283。第24章図24.0.8 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 秋田県南西部。 【設問8】問42:下浜山の老人ホーム付近の5m以浅の地盤は? 問43:淡赤線に沿って高速道路を建設する場合の留意事項は? 問44:天神男沼と天神女沼の東縁にある直線的な急崖の成因は? 左図は5mメッシュ標高データを用い微細な地形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.7吉野川中流域(徳島県三好市,東みよし町)

第4巻p1282。第24章図24.0.7 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 徳島県西部。東流する大河川は吉野川。川沿いの低地がかなり狭まっている。 【設問7】問35:鞍部Aの成因は? 問36:急崖Bの成因は? 問37:斜面Cの安定性は? 問38:D付近に竹林が広がる理由は? 問39:E~Gのうち,地形的地質的に頭首工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.6狩野川下流域(静岡県沼津市,函南町ほか)

第4巻p1281。第24章図24.0.6 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 静岡県東部。伊豆半島の「付け根」あたり。北東へ流れる大河川は狩野川。左下にのぞいている海は駿河湾の中の江浦湾。 【設問6】問30:A~Dのうち大地震で最も液状化しやすい地点は?  問31:I,J,Kの中で最も安定した地盤は?  問32:E~Hのう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.5狭い海岸平野と台地(鹿児島県錦江町,南大隅町)

第4巻p1280。第24章図24.0.5 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 鹿児島県南部,大隅半島の鹿児島湾寄り。設問5。 問25:A地点の5m以浅の地盤推定。 問26:B地点の5m以浅の地盤推定。 問27:C地点の高台の成因推定。 問28:D地点の5m以浅の地盤推定。 問29:長谷から松崎の浜にかけて離岸堤がない理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.3三重県鳥羽市神島

第4巻p1279。第24章図24.0.3 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 三重県東端。伊勢湾伊良湖水道。渥美半島に近い。設問3。問16省略。問17:神島の大局的な地質構造(走向傾斜)を推定する。問18:構成岩石が高透水性であることの論拠。問19:島へ加わる強い波の長期的な波向を推定する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.2千葉県南房総市大房岬付近

第4巻p1278。第24章図24.0.2 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 千葉県南部。設問2の内容。問7:大房岬を構成する堆積岩の圧縮強度(MPa)は?(4択)。問8:ブルドーザー,リッパーで土地造成が容易なのはA,Bのどちらか。問9:多田良海岸の漂砂卓越方向は?。問10:原岡での津波災害の可能性。問11:F地点の2m以浅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24.0.1設問1(兵庫県神河町太田ダム周辺)

第4巻p1277.第24章図24.0.1。 図クリックで別ページ。赤青めがね使用。 兵庫県中部。本文は太田ダム建設中の2.5万図。扉図と見比べながら答えることになっている。詳細は本文参照。問1:上池の満水面高度,問2:揚水発電の落差,問3:上池のダム形式,問4:最も広く分布する基盤岩石種類(4択),問5強風化地点,問6:推定断層地点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23.0.40桜島の採石場(鹿児島市)

第4巻p1274。第23章図23.0.40無残な砕石場 図クリックで拡大。赤青めがね使用。 鹿児島県中部。桜島の南端。図は2005年撮影の地理院空中写真を立体視化したもの。下に掲げる1966年の空中写真と比較されたし。原文からの引用。「図18.2.35のように日本で唯一の珍しい溶岩三角州であり,しかも国立公園内にある。それが砕石によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more